選考フロー

選考フロー

はじめに

スマートバンクは選考プロセスを通じて、応募者との間で互いに適正な評価や期待感を持てることを重要視しています。各面接をより有意義な場とするために、選考の流れについてあらかじめ目を通していただくことをおすすめしています。

選考の流れ

スマートバンクでは以下の流れで選考を進めます。選考を経て入社をオファーさせていただくまででは通常2〜3週間ですが、各面接の日程はご都合に合わせて柔軟に対応いたします。

現在はすべての面接をオンライン(Google Meet)にて実施しています。服装はご自由なもので構いません。

image

各面接について

① カジュアル面談(任意)

📝
時間》ご希望に合わせて30分〜1時間前後

参加者》ご希望に合わせて調整

カジュアル面談はスマートバンクの組織や B/43 のプロダクトについて、より深く知りたい方に向けて案内しています。選考プロセスに進むかどうかの判断材料としてもご活用ください。

ご希望に合わせてお話しする内容や参加者は柔軟に対応いたします。面談にあたって転職意欲の有無は問いませんので、お気軽にご応募ください

② 一次面接

📝
時間》1時間前後

参加者》応募者と同職種のメンバー 2名(メイン・書記)

一次面接では応募者がその職種における “専門スキル” を充分に有しているかを確認します。

各職種固有の知識を問う設問やこれまでの業務でのエピソードをお聞きする中で 職種ごとの期待する経験・スキル とマッチしているかを確認します。

面接の最後では応募者からの質問をお聞きします。カジュアル面接に引き続き同職種のメンバーが担当するため、業務についてのより具体的な質問にもお答えできます。

③ 二次面接

📝
時間》2時間前後(1時間 x 2回 / 休憩あり)

参加者》前後半でメンバー2名ずつ(メイン・書記)

💡
エピソードの事前提出について 二次面接の実施にあたり “成果をだした難度の高い問題解決のエピソード” の事前提出をお願いしています。事前にエピソードをご準備いただくのは、限られた時間においても正しく平等に応募者の特性を理解するためのものです。提出用のフォームのURLを日程を調整する際にご案内いたします。

二次面接では事前に提出いただいたエピソードを掘り下げる形で、「一般認識力」「主体性」の2つの観点での問題解決力を確認します。面接は前半・後半に分け、2組のメンバーが担当します。

前半の「一般認識力」の面接では以下のポイントを期待します。

  • 問題の本質を理解し、道筋を立て、問題解決へのアイディアを立案・実行できること
  • 問題解決に向けて臨機応変な対応ができること

後半の「主体性」の面接では以下のポイントを期待します。

  • 自ら行動しようとする強い意志( “自分事” として捉える姿勢)と積極性を持っていること
  • 周囲を巻き込むアプローチの経験や、チーム全体の生産性を上げる能力があること

二次面接の最後でも応募者からの質問をお聞きします。ここまでの面接と異なり他職種のメンバーも多く担当するため、質問を通してチーム全体の雰囲気や価値観も共有できることと思います。

また、終了後に人事との短時間の面談を設定しますので、選考における不安な点などもご相談いただくことができます。

④ 最終面接

📝
時間》1時間前後

参加者》弊社代表

応募者とスマートバンクとの互いの期待感にミスマッチがないか弊社代表とお話しする場を “最終面接” として設けています。