スマートバンク、家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」において、Bank Payとの連携を開始

Bank Payと提携する全国102金融機関から簡単に入金が可能に

家計簿プリカB/43(ビーヨンサン)を運営する株式会社スマートバンク(本社:東京都品川区、代表取締役:堀井 翔太)は、2022年6月2日より、B/43への入金手段としてBank Payを追加し、みずほ銀行を含む102の金融機関(※1)から、簡単に入金ができるようになりました。

B/43をご利用のお客様はBank Payを利用することにより、都度各金融機関のWebサイトにログインする必要がなく、金額を入力するだけで、すぐに入金することが可能になります。

Bank PayのVisaプリペイドカード提供事業者への導入は、B/43(ビーヨンサン)が初めての事例になります。

<Bank Pay 利用画面>

image
image

B/43では、期間や金額をあらかじめ設定し、銀行口座から定期的に入金できる「定期入金機能」などの新機能開発を予定しております。

引き続き、当社は家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」の提供を通じて、誰もがお金をうまく管理し、資産形成できる社会を実現してまいります。

※1:2022年6月2日時点の数値になります。

Bank Payについて

  • Bank Payは、日本全国の金融機関が加盟する日本電子決済推進機構が提供、オールバンクで取り組むスマホ決済サービスです。
  • 加盟店はBank Payが提供する「提携アプリ」サービスを利用することで、加盟店が独自に提供するスマホアプリにBank Pay決済機能を追加可能です。

■ 家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」https://b43.jp/ について

  • 株式会社スマートバンクが発行運営するVisaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになった新しい支出管理サービス
  • 2021年4月のサービスリリース後、2021年12月時点で累積10万DL超え、月間決済金額は数億円規模に成長
  • Visaプリペイドカードとスマホアプリの連携により、毎月の予算をプリペイドカードにチャージして、支払いを行うだけで明細が即座に自動記録されるため、簡単に支出管理が可能
  • 「ポケット機能」により目的別にお金を分けて管理することができ、計画的な支出管理を支援
  • 「ペア口座機能」では、だれとでも共同口座を作成することができ、2枚の専用のVisaカードをお互いで利用することで、どちらがいつなにを購入したかの履歴がアプリに反映され、面倒な立替精算作業の手間がなくなります
  • iOS https://apps.apple.com/jp/app/id1487752024
  • Android https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.smartbank.b43
  • サービス紹介動画 https://youtu.be/QkHbN2r8P2g

■株式会社スマートバンクについて

  • Visaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになった新しい支出管理サービス「B/43(ビーヨンサン) 」の運営・開発を行なっております。
  • これまでのN1インタビューから「誰もが日々お金を使っているのに、ほとんどの人がお金を正しく把握できていない」という課題を見つけ、「誰でも使えて、継続しやすく、リアルタイムなお金管理の方法」として 、2021年4月に家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」というサービスをリリースしました。
  • サービス名の由来は「Balance(残高) / 43(予算)」 や「Budget(予算) / 43 (資産)」 を意識して生活できるように、という願いを込めています。

【会社概要】

会社名:株式会社スマートバンク

所在地:〒141-0022 東京都品川区東五反田1-8-12 小原サンデンビル4F

代表者:代表取締役 堀井 翔太

設立:2019 年4月9日

業務内容:家計簿プリカ「B/43(ビーヨンサン)」の運営

資金移動業者 関東財務局長第00084号

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社スマートバンク お問い合わせフォーム